古くから「星や月」は魔よけの象徴


シルバーアクセサリーに用いられるモチーフはだいたい決まっています。
それぞれに意味があるのですが、その中でも古くから「星や月」は魔よけの象徴だと言われています。

星や月をイメージした時にどのような光景が思い浮かびますか。
星や月が見えるのは夜です。
それも明るいとあまり見えないので、真夜中などの真っ暗な時こそ星や月がキレイに見えます。

そんな星や月は、古代の人たちからすると暗い時にも道を照らしてくれる道しるべ的な役割をしてきました。
星や月のモチーフのシルバーアクセサリーを身につけると、辛い事があってもポジティブに前を向いていられるとも言われています。

また、星は昔から悪を封じる時の記号として使われてきたそうです。
カワイイ形をしている星のモチーフは女性に人気があるようですが、知らず知らずのうちに魔除けになっているのかもしれませんね。

ちなみに、月は女性らしさの象徴とも言われおり、落ち着きを与えてくれるモチーフだそうです。

This entry was posted in アクセサリー『モチーフの持つ意味』. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります